牧師紹介

 私たちの教会は、1950年代に北米バプテスト宣教団から派遣された宣教師たちの活動に起源を持ちます。
北米バプテスト宣教団は、新大陸に移住したドイツ系の人々によって作られたプロテスタント教会の組織です。

  金閣寺近くの現在の場所でミラー宣教師たちにより定例集会が開かれていましたが、1961年に教会堂が建てられ、
洛陽バプテスト教会が誕生しました。北米バプテスト宣教団が築いた日本バプテスト宣教団(包括宗教法人)に
所属しています。

 バプテスト教会の特徴は、聖書を信仰と生活の最高の基準とし、自覚的な信仰告白に基づく信者のみを
教会員とします
(幼児洗礼は行っていません)。

 1963年に青木牧師が着任し、現在に至るまで礼拝を守り続けています。現在約30名の教会員が在籍しています
(2013年7月時点)。

 また、1975年から八幡市、枚方市の教会員を中心にした集会が始まり、現在も八幡キリスト教会として継続して
います。